2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森の教会

愛する人を天国に送る日

キリスト集会の伝道者、高原剛一郎さん、

彼のブログをよく読んでいるのですけれど、彼の著書、

「コスモスの花のようにー君が天国に行った日ー」を

ようやく手にして読むことができました。

最愛の妻、最愛の母を送る、夫と子供たちの心情が、

まわりの人達の愛が、

もう、泣けて泣けて。

結びつきが強ければ強いほど、

離れる時、失う時の辛さがどれほどか、

きっと経験した本人でなければわからない悲痛さが、ひしひしと伝わってきます。

それが、いずれ愛する人を送るかもしれない、

いずれ愛する人に看取られるかもしれない、

自分の姿と重なるのです。

Yjimage

それらのすべての苦しみすらも、

引き離すことのできない神様の愛が描かれています。

お薦めの本です。

また弘前にいらっしゃる時には、是非講演を聴きに行きたいと思います。

聖書の理解

テレビで聖書を題材に番組が作られること自体は

嬉しいことかもしれないけれど、

その中身にはがっかりさせられることが多いので、

今回も期待はしないまでも、一応観てみたのですが、

やっぱりがっかりしましたね。

NHKの100分 de 名著の旧約聖書の解釈には。

番組で初めて聖書に触れた人がそういう理解をしてしまうことを思うと

やりきれない気持ちです。

牧師方には反論していただきたいなと思います。

   note

事前にお知らせできずにいましたが、

青森県声楽研究会主催ヴォーカルコンサート㏌青森市に

ご来場くださった方々、ありがとうございました。

諸事情により青森支部のメンバーが1人しか出演できなかったのは

申し訳ないことでしたが、皆様のおかげで素敵なコンサートになりました。

(とはいえ私自身の演奏には悔やむところがいっぱいです。)

9月20日(土)に、会長山谷による、声楽公開講座を予定しております。

会員による声楽曲の演奏、それに対するレッスンの様子を

一般の方々にも観ていただける、そんな企画です。

(もしかしたら、私も出演するかもしれません?)

発声の基礎、表現法や曲の解釈、発音の矯正、などなど、

詳しく聴けるのではと思います。

歌が好きな方達に是非聴きに来ていただきたいと思います。

詳細が決まり次第、再度お知らせいたします。

なにを信じるのか

台風が心配ですね・・・。

おかしいなあと思うニュースが続いて傍観していたのですが、書いてみます。

小さないのちを守る会のブログでも、日進市花火のことについて書かれました。

同じように京都五山送り火や瓦礫や花火の受け入れを危険性を訴えて反対することが

大問題のように、報道されています。

各地で焼却炉から排出される高濃度の放射性灰問題のことや下水の汚泥の問題は

確かにニュースにされているのに、あまりにも忘れさられているかのようです。

私からみたら「どうして危険だと思わないのか?」と思う。

花火の問題は、武田邦彦先生のブログでもかかれていました。

基準値以下で安全だと言いながら、測定値は公表しない。

花火について反対したのはたった20人でマイノリティーです。

それをノイジー・マイノリティ(文句の多い少数派)というなら、私もその一人でしょう。

多くの人は報道をみて、「なぜ受け入れないのか」と思って逆の抗議しました。

純粋に、被災地の方々の気持ちを思ったら、正義感から、私もそう思ったかもしれません。

けれども、今の現状をみたら、不安になる材料の方が多いと思います。

報道で、正しく放射能の危険性を伝えられていない。

福島第一原発の現状が、まだまだ安全ではないのに、安全かのように伝えられている。

(首相の年内冷温停止宣言話もびっくりしましたよ....。)

そちらの方が問題ではないかと思うのです。

多くの人は、テレビや新聞の報道を信じ、同調します。その結果、

被災地のものを受け入れないことが悪者のように

意図的に仕向けているようにすら思います。

   typhoon

問題の発端は、原発の事故です。しかも今も危険な状態が続いています。

それなのに原発は安全だ運転しなければと推進する動きはとても強くて、

「さようなら原発集会」に6万人集まったというニュースはあまりみられません。

本来、責められるべきところはどこですか。

本来、憎むべきところはどこですか。

安全を考えて主張した人達が、市民の安全を考えた市長さん達が

いたずらに責められるばかりなのも可哀想です。

もちろん、被災者の気持ちを一番に考えなければなりませんが・・・。

   typhoon

↓こんなコピー記事をあちこちで見かけるのですが、事実はどうなのでしょうね・・・?

   あんまりあちこちでみると疑ってみたり^^;

全面核戦争基準
   
松田 浩平教授(東北文教大学)
【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq/Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。
追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。

モリのアサガオとパスタ

日中、ドラマ『モリのアサガオ』を観ていました。

(原作 郷田マモラ 双葉社刊/漫画アクション連載 )

死刑を題材にした、刑務官と死刑囚の友情を描いたドラマです。

罪に関しては、重く、憎しみも呼び起こしますが、

けれどもとても哀しくも美しい、人間らしい面も持つドラマです。

視聴率は悪かったそうですが・・・

観れてよかったとおもいました。

  bud

聖書(ローマ6:13)には『罪から来る報酬は死です』・・・とあります。

人は、罪人でしかなく、その罪の報酬・代償は、死です。

けれども死を贖ってくださった方がいます。

その方は、唯一罪のない神の子でありながら、

人としてお生まれになった、主イエスキリストです。

罪人でしかない私達に、人の罪を宣告できるのでしょうか。

けれども・・・

死刑を反対する理由と、死刑を必要とする理由と、両方正しいと思います。

現実と、葛藤、それらの問題をうまく描いてあるドラマだと思いました。

あと二回程で終わりですが、最後まで観たいと思います。

   apple

モリのアサガオの次に

韓国ドラマで、イタリアンのシェフとシェフを目指す女の子の模様を描いた

可愛らしい恋愛ドラマ 『パスタ ~恋が出来るまで~』

勿論、料理についての拘りあれこれも観ることができます。

仕事に対しての姿勢とか?

私だったら耐えられないな~と思いながら

けれども、とても厳しいシェフに認められる味を作れるようになる

その努力がむくわれるまでの過程ってすごいなと思います。

クリスチャンは甘ちゃんが多いとの苦言をよく耳にしますが?

主にあって・・・必要な努力ってありますよね。

110612_007

110612_020

110612_021

あ弘前市内早稲田にあるパスタ屋さん

『ビストロレザン』さんのランチです。

ちょっと味が濃いかな。薄味の方は苦手かも。

けれども店内も可愛らしいし、美味しかったです♪

はるばる海を渡って

ロシアでの習慣だそうで・・・

はるばるロシアから、小さな贈り物が届けられました。

ロシア産というより日本にもありそうな塗物のお椀とスプーン。

といってもこれは食器用ではないので、

これで何かを食べるとかではないそうです。

何かの入れ物に使いましょうか。

100601_010

思いがけない贈り物

誕生日でもクリスマスでもない

本当に思いがけないときに贈り物が届きました。

カフェイリスでよく展示販売されている素敵なクリスマスリース。

その作家さんからの、突然のプレゼント。

100205_008web

ずっと欲しくて、でも手が出せなかったものだから

嬉しくて嬉しくて・・・・ほんとびっくりしました。

助産師が伝えるいのち/情熱大陸 

「NO!SEX」   番組のCMでこの言葉を偶然聞きました。

 ↓番組HP

http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/06_08.shtml

神戸で助産師をされている永原郁子さんの特集でした。

学校などでいのちと性の出張授業をすることが多いようです。

恋人がいなければ、性の経験がなければ、おかしいかのように

メディアや世間は伝えることもあるかもしれませんが

彼女はきっぱりと否定し、もし誰かにそういわれることがあっても

「NO!違います」というようにと子供達に教えています。

それは性が、いのちを生み出される大切な、特別なものだからです。

避妊は確実ではなく性病などのリスクも負います。

性の話を伝えることに恥ずかしさを覚える人は多いかもしれません。

そういう時は無理に話さないで専門家に任せてくださいと彼女はきっぱりといいました。

いのちを生みだす手伝いをする助産師が語る性教育には説得力がありました。

学校ではホンモノの赤ちゃんを子供達に抱っこさせている場面がありました。

抱えた重さは、子供達の心に何を与えたでしょうか。

080429_014web

性は心と愛によって育まれるものです。

だからこそ、幸せになる準備ができるまでは、

結婚という確かな土台を築くまでは、

NOといえる意思と、勇気を、子供達に(大人達にも)

持っていってほしいと願わされます。

出会う筈のないところで

行くつもりではなかった場所

限られていた僅かな時間

それでも何か引き合わされたものがあったのだろう

いつも目をとめる筈のないところに、私は目を向けた。

2008131_063web

私はこれを

神様がくれたプレゼントだと思っている。

はじめまして。

笑ったり怒ったり歌ったり泣いたりしてきた私のもう一つの家。

私の愛する、主にある家族がいる家。

それは、あなたの家でもある。

071014cosi_014_2

                          

                    

                     

このオリーブの家のブログが、平和の家となることを願っています。