2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森の教会

« ドラゴンカフェ | トップページ | 『歌をください』 CDのご紹介 »

新春コンサートのお知らせ

1月15日(日)午後二時から、

声楽研究会弘前支部のメンバーによる

毎年恒例の新春コンサートが催されます。

といっても、今回の出演は五人だけ。

それぞれソロで、日本歌曲や外国歌曲、宗教曲、オペラなどを披露します。

客席も少ないと寂しいのでよかったら是非いらしてくださいね。

場所は  弘前学院大学礼拝堂 で、入場無料です。

私は今回、礼拝堂での演奏ということで、

モーツァルト作曲の「アニュスデイ」「アヴェヴェルムコルプス」を

歌わせていただきます。

アニュスデイは、神の子羊、という意味です。

世の罪を取り除く神の子羊よ、私達を憐れんでください」という

祈りの歌詞です。

アヴェヴェルムコルプスは、直訳すると栄えあれ本物のからだになるでしょうか。

処女マリヤよりうまれた御躯よ、人々のため苦しみを受け、

十字架の上で犠牲となり脇腹を刺し貫かれ血を流されました

願わくば味あわせてください。死の試練に先立って。

歌詞の意味を味わいながら賛美できればと思います。

お祈りくださいね。

Hk_hgrei2

その他、中田喜直作曲の日本歌曲「霧と話した」「アマリリス」を歌います。

霧と話したは淡く切ない過去の想い出に浸った恋の歌ような気がします。

アマリリスは曲調も日本的で美しいですが、歌詞が好きです。

「ただ愛すとならば、明るく咲くに、それに、苦悩が伴うから・・・」

日本人だからこそ、日本の歌を歌うのは難しいです。

他の方々の演奏も、また、衣装なども、是非、お楽しみに。

« ドラゴンカフェ | トップページ | 『歌をください』 CDのご紹介 »

音楽」カテゴリの記事