2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森の教会

« ブラーヴェ!ゾッフィオコンサート | トップページ | クリスマス子ども会 »

名歌を歌い継いでいくこと

憧れの声楽家・オペラ歌手の杉原かおり先生による弘前大学公開講座、

今年も受講しました!あおもり県民カレッジの単位認定講座とのことで、

二日間受講した私達は、修了証書をいただきました。

昨年は日本の歌とイタリア語の歌が半々だったのですが、

今年はナポリ民謡など、母の世代がよく知っている『外国の日本語歌詞の歌』が

多かったです。イタリア語の本場の発音を習得したい私にはちょっと残念・・・。

でも、日本語で歌う時も、こう歌うとイタリアっぽくなる、など、

拍子のとり方や表現、声の出し方、共鳴腔のこと、言葉の入れ方など、

ちょっと専門的な部分までつっこんで教えてくれます。

ワルツの3拍子や、6/8拍子などは、日本人は苦手。

ステップを踏みながら歌うと良いそうです。社交ダンスの姿勢のように

その時も頭のてっぺんから上半身はまっすぐ、重心をぶらさないようにすることが大事。

『美しいものからは美しい音がでる』ともおっしゃっていました。

(別な先生がよく言う言葉のようですが?)

姿勢など曲がったりぶれたりしていると、やはり美しい声(音)はでない、とのこと。

そういう意味ではなるほど、と思いました。

    clover

「私はキリスト教の歌なんて歌えないわって方がいたらやめておきますけれど・・」と。

今回、珍しく、キリスト教曲が。

私はクリスチャンなので大歓迎です。shine

一つは「きよしこの夜」。一般的にも世界中で有名なこのクリスマスの歌を。

勝手にハモリ入れてみて歌ってみてください~と。

 イタリアの方達は、メロディーよりもハモリの方を積極的に歌いたがるとか?

あと、外国曲が一曲だけありました。

モーツァルト作曲の「アヴェヴェルムコルプス」です。

中学時代、合唱部で歌った、思い出の合唱曲。

ちょうど一月のコンサートで歌う予定だったので、やった~~!!uphappy01

聖体拝領の曲だそうですが、歌詞の一つ一つの正しい発音や、意味も教わって、

歌詞の意味から、こう表現した方がいい、とか

欲がある方は、ここもこうやってみてね、とか。

欲あります。頑張ります。happy02heart02

参加されている方、どの方も声も表現も素晴らしくて、

合唱や声楽を長くされている方や、歌の先生なども参加されているのかなー

などと想像します。みんなで歌って、とっても楽しかった!

そして、こういう古き良い歌を、若い世代に、伝えていって欲しいとのこと。

子ども達に歌って聴かせたり、みんなで歌ったり。

とっても素晴らしい公開講座、もっと沢山の人にきていただきたいのに

あんまり宣伝されていなくて、私もうっかり忘れていて見落として、

前日、地元情報誌VIVAで偶然見つけて慌てて受講申し込みしたのでした・・・。

(あ、VIVAに、喫茶『京』の鍋焼きうどんが紹介されてましたね~restaurant

111126_008

そのVIVA情報で、ル・ショコラさん1周年記念で、千円以上お買い上げに

10%オフセールをするという記事を発見。早速プチ贅沢しようとケーキ買いに走りました。

先着150名様にプレゼントとあったのですが、セール最終日の閉店間際にいったので

きっともうもらえないだろうと期待せずにいたら、思いがけずいただけました。

でも中あけて更にびっくり。

111126_007

プチチョコ一個じゃなくて、丸いガトーショコラ一個って!!!

大奮発ですね~~wobbly

もっと買えばよかったなーなんだか申し訳ない、と思っちゃいました。

こんなプレゼントあると、次回また利用しようと思っちゃいますねー。

味もどれも美味しかった!

もう一つ、VIVAさん掲載のお店に行きましたが、またの機会に・・・。

« ブラーヴェ!ゾッフィオコンサート | トップページ | クリスマス子ども会 »

文化・芸術」カテゴリの記事