2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森の教会

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

今夜の報道ステーションに注目。

『原子炉時限爆弾』等の著者作家の広瀬隆さんが出演されるようです。

ネットでは講演をよくみますが、なかなかテレビで起用されない方です。

・・・発言が深刻すぎて国民がパニックを起すと思われてでしょうか?

昨夜、原子力技術教会最終顧問の石川迪夫さんが出演されていて

原発は安全だとにやにやと訴えてるのを偶然みました。

福島第一原発が今ますます深刻になっている状況を一番よく知ってる筈の方が

どうしてそんなことがいえるのでしょう。

嫌な気持ちになったところ、「明日は反原発の作家広瀬隆さんを・・」と。

推進派・反発派、両方を交互に出演させていたのでしょうか。

意見に偏りがないのはいいことなのだと思います。

   hairsalon

広瀬隆さんの主張を抜粋させていただきます。

・日本の火力発電はきわめてすぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入していて、何ら問題を起こしていない。決して原発が、電力の大半をになっているのではない。原発は事故続きで、4分の1も発電していない。

・自家発電をフルに活用すればクリーンな火力だけで、「まったく現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも止めることなく」電気をまかなえる。これは、将来、自然エネルギーが不要だと言っているわけではない。多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなければ原発を止められない」という現在の反原発運動の固定観念は、まったくの間違いである。

・「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」この事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。そして制度が改善されて、誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独占してきた電力会社の収益源の牙城が崩れる。送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力をあげて死守する必要がある、と彼らは考えている。九つの電力会社にとって、福島原発事故を起こした今となっては、原発の確保より、送電線の確保のほうが、独占企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線である。そのため、自家発電の電気を買い取らずに、「15%の節電」を要請するという行動に出てきたのである。

「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、「送電線をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のために、まず第一に起こすべき国民世論である。何しろ、送電線が解放されて、安価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用もできないのだから。

教会修養会

原発問題ばかりに取りあげてたので

この辺で、教会の話題を。

先日、細川勝利先生を講師にお招きしての教会修養会があり

夜の集会、日曜礼拝、日曜午後の修養会と、三回のお話を聞くことができました。

何度か青森に来ておられる細川先生。

毒舌まじりの、でも聖書の真実をストレートに語る様子が絶妙で

とっても楽しみにしていたのです。

お会いしてびっくり、、、

先生のトレードマークのマッシュルームカットが!!!

ご病気を機に変革されたとかで?すっかり変わっておられてびっくりしました。

(・・・でも相変らず「しょうりです。」と言っておられました。w)

声のトーンは変わられましたが、語られた言葉は相変らず鋭くて

とてもよい時を持つことができました。

     aries

細川先生が礼拝前、祈られたとき

「この場にいながらも、礼拝しないで帰るということがないように」と言われ

どきっとしました。

礼拝の場に居ながらも、神様に『礼拝』を捧げることなく

ただ奉仕し、ただすわり、ただ祈り・・・身に覚えのある私、、、

先生曰く、牧師もその危険が最もあるとか。

ほかにもいっぱいふむふむと納得することがあったんだけど、

メモ用紙をなくしてしまったよ~~(汗

小出裕章先生来青

原子力の専門家、小出裕章先生講演会情報です。

先生の「原発のウソ」って本はとーーっても売れてるらしいです。

ABAのモーニングバードさんでもよくVTRでコメントされていますね。

その先生が青森に来てくれるわけですから

絶対絶対行きたいところなんですけど・・・

日程が悪すぎるっcrying

八戸はちと遠すぎるし、

土曜日はあすなろ福音教会でバザーがあるんだよ~~。

日曜日はクリスチャンは礼拝があるんだよ~~~。

日曜日午後2時半からは青森バプテスト教会で

2011宣教フォーラム青森の合同祈祷会があるんだよ~~。

小湊教会の東頭先生がメッセージゲストで

青森福音教会のロシア人シンガー・ルダさんが賛美ゲストなんだよ~。

でもお近くの方、是非是非是非に行ってみてください。

Koidesan

「小出さんに聞く わかりやすい原子力のお話」

 日時 2011年6月25日(土) 開場 14:00 開始 15:00
 会場 八戸市総合福祉会館・多目的ホール

 お話 小出裕章さん(京都大学原子炉実験所・助教)
 会費 大人 1,000円 大学生 500円 高校生以下 無料  託児あり

 主催 PEACE LAND  http://peaceland.jp 

 後援 青森県保険医協会ほか

     bud

小出裕章先生講演会

日時:6月26日(日)10時~12時半

場所:アピオ青森イベントホール( http://www.apio.pref.aomori.jp/

参加無料

講演会について、お問合せなどございましたら、

生活クラブ生活協同組合青森(http://www.seikatsuclub-aomori.org/

TEL 017-762-6755

または、生活クラブ/ecocco project  奥田 

核保有国  ※追記有り

炉内中継装置落下事故により、引き抜き工事も過去24回失敗されている

福井県敦賀の高速増殖炉もんじゅさんですが、

23日朝9時から25回目の引き抜き工事が行われるということです。

その作業だけで10億円以上の費用がかかるとか。

運転停止中で、電力0なのに維持費一日5500万円だそうです。

内部の燃料が引き抜けないと廃炉にもできないのだとか。

高速増殖炉は高速の中性子によって燃料のプルトニウムを増殖し、

ナトリウムで冷却するシステムだそうですが、

空気で燃焼、水に触れたら爆発するのがナトリウム。

もし失敗したら

福島第一原発事故も大変かわいらしく思えるくらい

西日本どころか日本ほぼ全域やばいのではと心配されてる

文面をよくみます。それほど危険な作業だそうですから

何事もなければよいですが・・・祈らされています。

http://www.youtube.com/embed/QcQuZtqyrfk

この東京都知事さんのコメントには哀しみを覚えます。

日本は核を持たなければと言ったり

徴兵制をやればいいと言ったり。

結局のところ、電力不足やコストの問題ではなく

原燃を隠れ蓑に核を保有したいだけなのでしょう。

(事実電力は原子力がなくても足りるそうですし

 コストも原子力が一番高コストになると立証されています)

sagittarius

追記

もんじゅさんの引き抜き作業、無事に終わったようでほっとしました。

作業員の方々も冷や冷やだったことでしょう。感謝します。

(しかし今までの24回の失敗はなんだったんだろう)

こんな危険な原発は即刻廃炉になりますように

引き続きお祈りしております。

モリのアサガオとパスタ

日中、ドラマ『モリのアサガオ』を観ていました。

(原作 郷田マモラ 双葉社刊/漫画アクション連載 )

死刑を題材にした、刑務官と死刑囚の友情を描いたドラマです。

罪に関しては、重く、憎しみも呼び起こしますが、

けれどもとても哀しくも美しい、人間らしい面も持つドラマです。

視聴率は悪かったそうですが・・・

観れてよかったとおもいました。

  bud

聖書(ローマ6:13)には『罪から来る報酬は死です』・・・とあります。

人は、罪人でしかなく、その罪の報酬・代償は、死です。

けれども死を贖ってくださった方がいます。

その方は、唯一罪のない神の子でありながら、

人としてお生まれになった、主イエスキリストです。

罪人でしかない私達に、人の罪を宣告できるのでしょうか。

けれども・・・

死刑を反対する理由と、死刑を必要とする理由と、両方正しいと思います。

現実と、葛藤、それらの問題をうまく描いてあるドラマだと思いました。

あと二回程で終わりですが、最後まで観たいと思います。

   apple

モリのアサガオの次に

韓国ドラマで、イタリアンのシェフとシェフを目指す女の子の模様を描いた

可愛らしい恋愛ドラマ 『パスタ ~恋が出来るまで~』

勿論、料理についての拘りあれこれも観ることができます。

仕事に対しての姿勢とか?

私だったら耐えられないな~と思いながら

けれども、とても厳しいシェフに認められる味を作れるようになる

その努力がむくわれるまでの過程ってすごいなと思います。

クリスチャンは甘ちゃんが多いとの苦言をよく耳にしますが?

主にあって・・・必要な努力ってありますよね。

110612_007

110612_020

110612_021

あ弘前市内早稲田にあるパスタ屋さん

『ビストロレザン』さんのランチです。

ちょっと味が濃いかな。薄味の方は苦手かも。

けれども店内も可愛らしいし、美味しかったです♪

6.11 PEACE DEMO in青森

短時間ですが、参加してみました。

青森市での脱原発集会。

最近テレビでみる反原発デモとは違って

きっと参加者は少ないんだろうと思っていましたが

想定以上に・・・とても少ない参加者でした。

だからこそ余計に、参加してよかったと思いました。

様子はここあさんブログにも記載されています。

110612_003

自然エネルギーは大事ですが、それだけでは

電力は安定しないそうです。

筑波大学大学院生命環境科学研究科渡邉信(わたなべ・まこと)教授の

オーランチオキトリウムという単細胞の藻から安価な石油の生産について

テレビで取りあげられていました。

作家広瀬隆さんは、天然ガスコンバインドサイクルを提唱しておられます。

素人にはよくわかりませんがこの日本の技術は素晴らしいものだそうで

LNG(液化天然ガス)火力発電所を増やす方が、

効率の悪い危険な原発を増やすよりはとても効率がよいそうです。

こういう新情報を青森県民にもっと伝わって欲しいです。

課題は多いですが、為政者の意識が変えられて、

脱原発に向かっても、経済や雇用が安定するように

方向転換してほしいと思います。 

小海キリスト教会牧師所感ブログでは

「原発を聖書的観点から考える」とあります。

是非ご覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/

選挙にいこう。

若い頃、しばらく選挙に行きませんでした。

入れたい人が居ない、というのも一つの理由。

でも、選挙に行かずに、反対を唱えるのもおかしな話。

そう思って、選挙に行くようになりました。

   shine

私は青森を愛するからこそ。

脱原発を訴えます。

完璧な安全なんてないです。

実際あちこちの原発で、今までも事故や危険がありました。

今、福島の事故があって、あったから、今更ながらに、知った多くの事。

稼動するだけでそれなりに汚染も被爆もあるんです。

ましてや、福島原発と同じ状況になったら・・・

青森県だけの問題ではなくなります。

経済の問題など多々あるかと思いますが、

他の人がどうあろうと、そのことで、不利益をこうむる人が大勢いることも覚えつつ、

それでも私は、脱原発を願います。

それは、かれらの命を守ることにも繋がると思っています。

今回の知事選に、どの候補者が選ばれようと、その心が、変えられていくように祈ります。

青森の素晴らしい食材が、「風評」被害ではなく、実害に陥ることがないように。

そして今、実害に犯されている人達の命と生活が、守られますように。

   moon3

もう一つ。

地震と原発の被害と平行して、

聖書の神以外を礼拝しない私達クリスチャンにとって懸念されていた

「君が代」起立強制についてのニュースが流れていました。

聖書のダニエル書を読み直そうと思います。

異教の王に信頼されながらも、唯一の神だけを仰ぎ続けた信仰者ダニエルの書を。

クリスチャンの公務員、教師達が、それぞれの場所で、真実に生きられますように。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »