2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

青森の教会

« 弘前福音@子供フェスティバル | トップページ | あたらしい歌 »

オペラと宗教曲と日本歌曲と。

大好きなオペラ歌手、杉原かおり先生の

「魅惑のデュオ-名曲の夕べ-」に行ってきました。

場所は弘前文化会館ホール。

モーツァルトのミサ曲やらの宗教曲。

この道、などの、日本歌曲。

どちらも素晴らしいけれど、やっぱりオペラ!

なにがいいって、オペラはやはり「歌劇」。物語があるんです。

物語のなかに、その歌がある。思いがある。

だから聴いていても楽しい。ましてや、杉原先生、服装も工夫されているし、

まるでそのオペラを観ているかのように、演技たっぷりに歌ってくださいました。

『フィガロの結婚』に出てくる、恋多き少年ケルビーノの名アリアを歌うときには

フリルのブラウスにブーツ姿の男の子、まさにケルビーノ!の格好で

茶目っ気たっぷりに出ていらしたので、客席からも大歓声です。

そして、もうひとつ素晴らしいのが、今回のメイン、ドイツの名ピアニストの

マティアス・ファイトさん。ピアノも伴奏もとーっても素晴らしいのですが、

歌手としても活躍されているというその方は、アンコール二曲目、ふいに

ドンジョバンニの二重唱「手を取り合って」を、弾きながら歌い始めたのです!!!

ピアノを弾きながら甘く艶やかに囁くドンジョバンニの歌声に、

花嫁ツェルリーナの杉原先生の目線と歌声が絡み合い、

とーーーっても素晴らしくレアな二重唱を魅せていただきました☆

大感動です。弘前まで行ったかいがあるというもの。

090926

オペラがどんなものか観て見たいという方にお勧め。創刊号は990円ですから。笑

毎月揃えたいと思います。

今月はオペラ上演を二つも観に行きます。またレポートしたいと思います。

« 弘前福音@子供フェスティバル | トップページ | あたらしい歌 »

音楽」カテゴリの記事